「生命保険」と一言でいっても、各保険会社がいろんな商品を揃えています。あまりに種類が多くて混乱しそうになりますが、生命保険の基本タイプは、実は大きく分けると3種類だけなのです。

 

まずは、加入者が死亡した時に保険金が支払われる「死亡保険」です。
以下のようなものが、死亡保険の部類に入ります。


・一生涯の保障が自慢の終身保険


・保証期間は限定されているものの掛け捨てで保険料が安い定期保険


・終身保険と定期保険のミックス型である定期保険特約付終身保険 など

 

次に、加入者が満期まで生存していた時に保険金が支払われる「生存保険」があります。


生存保険は、年金保険とも言われます。保険料を積み立てていく形で、満期になれば所定の金額を年金として受け取れます。年金額が一定の個人年金保険と、保険会社の運用で年金額の変動がある変額年金保険とがあります。


満期前に死亡した場合は、それまでの保険料支払額に応じた死亡給付金を受け取る形になります。

そして最後に、加入者が死亡した時または満期まで生存していた時に支払われる「生死混合保険」。これは、養老保険が該当します。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています