生命保険加入時には、加入者または被保険者の健康状態を保険会社に告知する「告知義務」というものがあります。


告知義務の対象となるのは、これまでの病歴や現在の健康状態などです。保険には、医師による健康診断を必要とする保険契約と、必要としない保険契約とがあります。しかし、たとえ医師の健康診断が必要でない保険契約でも、「告知書には、必ず正直に真実を書かなければいけない」ということに変わりはありません。

病歴や健康状態の問題を隠していたり、嘘の記載をしたりすると、「告知義務違反」となります。告知義務違反に該当した場合は、保険会社は「過去2年以内に契約した保険で、保険会社が告知義務違反を知ってから1ヶ月以内の期間」であれば、保険契約を解除することができます。さらに保険会社によっては、約款でこれよりも長い期間を定めているケースもあるのです。

 

もちろん告知義務違反で契約を解除された保険は、保険そのものが無効となります。その場合には、保険金が出ることもありません。

 

病歴や健康状態の告知は、生命保険の平等性を守る意味でも大切なものです。絶対に、違反はしないよう注意する必要があるのです。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています