生命保険の死亡保険金の受取人にとって気になることといえば、「生命保険は相続財産に含まれるのかどうか」ということでしょう。


特に死亡した被保険者が生前に多額の借金などを抱えていた場合、「この借金の返済のために死亡保険金を使わないといけないのか」など、不安になってしまいます。

ですが、この点は安心して下さい。結論として、生命保険の死亡保険金と相続財産は別物です。借金を抱えていた人が死亡した場合、相続人がとる手段といえば相続放棄か限定承認です。しかしいずれの手段をとったとしても、それで死亡保険金の受け取りを放棄したということにはなりません。つまり、死亡保険金は無事受け取ることができるのです。

 

ちょっと悩んでしまうのが、死亡保険金の受取人指定を「法定相続人」としていたケースでしょう。


一見すると、相続財産として扱われそうに思えます。しかし死亡保険金の受取人を法定相続人に指定するのは、「法律で相続の権利がある立場の人に死亡保険金を受け取ってもらいます」という意味合いです。死亡保険金を相続財産として扱うという意味合いとは、異なるのです。ですからこの場合も、法定相続人となる立場の人が、死亡保険金を受け取ることができます。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています